身長を遺伝だと諦めていませんか?身長サプリメント | GH-Creation

必須アミノ酸「アルギニン」

必須アミノ酸

身長を伸ばすために必要不可欠な成長ホルモンは数多のアミノ酸が連なり構成されています。そして、そのアミノ酸の代表格がアルギニンです。アルギニンは成長ホルモンを構成する材料であるだけでなく、成長ホルモンの分泌に深く関わりがある事で知られています。この事からも身長を伸ばすために大変重要な栄養素であるということが理解できるでしょう。

しかし、このアルギニンだけを大量に摂取しても他のアミノ酸と連なることができなければ、骨の成長指令となる成長ホルモンを合成することができず、骨の成長にはつながりません。

桶の論理とは桶の周りを囲っている板をアミノ酸に例え、いくつかのアミノ酸を摂取しても桶の中に水を入れた時に短い板(不足しているアミノ酸)の分までしか水が溜まらない、つまり、いくら沢山のアルギニンを摂取してもアミノ酸をバランス良く、効率の良い摂取をしなければ全て水のように流れ出てしまい、せっかくの栄養素と身長が伸びるチャンスを失ってしまうのです。

GH-Creation EXはアルギニンを始めとした下記の必須アミノ酸10種類をバランス良く配合しています。

  • 必須アミノ酸
  • 非必須アミノ酸 ※タブをクリックして下さい
point体内では合成されず、必ず食事から摂取しなければなりません。

アルギニン ※小児では必須アミノ酸に含まれます
バリン
イソロイシン
ロイシン
メチオニン
リジン(リシン)
フェニルアラニン
トリプトファン
スレオニン(トレオニン)
ヒスチジン

point体内で合成できるが、年齢を重ねるごとに合成量が減少するため摂取しなければならないアミノ酸。

アルギニン
グリシン
アラニン
セリン
チロシン
システイン
アスパラギン
グルタミン
プロリン
アスパラギン酸
グルタミン酸

GH-Creation EXに配合されるアルギニン、他の必須アミノ酸につきましては、全てL型となります。アミノ酸群はL型とD型の構造に分かれておりますが、人間の身体の中で吸収、働くアミノ酸群は全てL型となります。

又、アルギニンは強アルカリ性の特徴(PH10程度)を持っています。人間の血液は弱アルカリ性をほぼ一定に保っておりますが、胃液が酸性の為、1日5g以上の過剰摂取で消化器官に負担が掛かり、下痢や腹痛などの症状を引き起こす懸念があると言われています。しかし、食品の多くは中性ではなくアルカリ性か酸性の性質を持ち、特に身体に良いと言われている緑黄色野菜、海草、果物、きのこなどは全てアルカリ性の性質を持っています。実際に人間の身体が酸性に偏ると万病のもととなるので、アルカリ性の食品を摂るのはこの為です。

上記の懸念を真に受けるならば、野菜に例えるとパセリ(PH15程度)、ほうれん草(PH12程度)等はアルギニン以上に強アルカリ性ですから同様の症状を引き起こしてしまってもおかしくありませんが、実際には無害で同様の症状を引き起こしてしまったというお話も耳にする機会は御座いません。

尚、アルギニンを強酸性の特徴を持つクエン酸などで中和する事により、中性になる事から消化器官に負担が掛かり難くなり好ましいと言われておりますが、アルギニンを中和しなければならないのであれば、それ以上に強アルカリ性であるパセリやほうれん草も中和して食さなければなりません。適量の摂取であれば意味のない中和を行う必要はなくアルギニンのみで安心、安全にご使用を頂く事が可能です。

どちらかとお伝えをさせて頂きますと商品の企画、販売方法として、そう信じている消費者様を安心させアルギニン独特の味や匂いを整える為にクエン酸を配合し、中和をしているだけだと弊社では認識しております。それよりも日常的に、特に飲料としてクエン酸が配合されたものを摂取なされているような場合にはクエン酸が歯に付着し、歯のエナメル質を溶かす恐れが御座いますのでご注意下さい。